xxIPX線回折装置XRDmate
X線回折装置XRD3rd
付属試料台
X線回折装置XRD3rd-CO
単結晶X線トポグラフィー
単結晶の評価・解析
X線計測システム
up
mid1
mid1
mid1
bottm

2次元デジタルIO検出器、X線回折装置 XRD Mate




 
各種測定法ごとの機種を用意しています。
単結晶試料に 背面反射法ラウエ・カメラ XRD Mate BL  
透過法ラウエ・カメラ  XRD Mate FL   ※
粉末結晶試料に デバイシェラー・カメラ XRD Mate DS・・・soon
繊維・高分子フィルム試料に 透過法繊維カメラ XRD Mate FC・・・soon
※BL、FLモデル2013年3月に出荷開始、他のモデルも3月以後引き続き出荷を開始しますが具体的な時期についてはご照会下さい。

f
 
txthedX線フィルムに比べて、イメージングプレートは数十倍から数百倍の高感度です。
txthed広いダイナミックレンジ  ダイナミックレンジ/5桁  読取画素サイズ/100μm(標準)
txthedX線発生装置とX線カメラ部を70cm幅×55cm奥行×50cm高のコンパクトなユニットとして、X線回折装置を構成しています。
txthedX線カメラとイメージングプレートの読取機構が一体で、X線露光から、読取、2次元画像読出しまで自動です。
 
 
 
   
txthedラウエ法測定に単結晶試料測定用ゴニオメータを装備、X線回折写真画像の収集と解析を行えます。
txthedラウエ写真の解析ソフトウエア(オプション)を用意しています。
txthedラウエ・スポットの座標、指数付け、結晶方位の解析が可能です。
 
 
X線カメラ径   114.5mmΦ IPサイズ 80mmx120mm
測定角度範囲  ±60°
コリメータ Φ1mm Φ0.5mm
ゴニオメータ αβ軸 ±20° 回転軸 360°
 
   
 ・IPフィルムは、114.6Φの円筒状に配置されていますが、円筒I Pの画像を平面画像への展開が可能です。
 ・試料間距離入力により平面展開画像自動描画
 ・展開後最大画像8cmx24cm
 ・ネガポジ反転表示機能付
 

ラウエ・カメラの取扱い方:
 背面反射法では試料の表面層のみが反射に寄与するので試料の厚さに無関係に測定ができる。  
 対称性のよいラウエ図形を得れば方位の決定がし易いので、予測される結晶面と入射X線の方向との関係を重視する。
 ラウエ図形の解析は入射X線に対する回折角を求めるもので、結晶ーIPフィルム間距離を正確に知ることが基本となる。
 ゴニオメータと入射X線の相対関係を簡単にするように、ゴニオメータのアークと入射X線方向を一致させておく。
 主要な斑点に着目して、その斑点が中心に移動するように、ゴニオメータ・アークを回転すると高い対称性のラウエ図形が得られる。  

完全な防X線機構:
 ラウエ・カメラ部は金属製のカバーの中に設置されています。
 カバー部はX線発生と同時に機械的に結合され開けません。
 ラウエ・カメラ部はX線発生装置テーブルに固定されて、従来のX線カメラのように単独に設置しただけでなく
   X線ビーム位置ズレがおきにくい構造です。
 試料結晶の設置が容易な位置決めジグを用意しています。

 
 

btn80spec

XRD Mate X線回折装置基本構成部 仕様
X線発生装置 出力2kW 最大電圧50kV  最大電流 80mA
X線管 回折用X線管 W Mo Cu など選択可
安全装置 冷却水量計 過電圧・過電流及び防X線機構 フエ―ル・セーフ・インターロック
IP読取方式 カメラ内に読出し検出部 IP移動機構・消去機構を内蔵 読取画素サイズ 50um,100μm,200μm
撮影時間 従来のポラロイドフィルムでの撮影時間より短縮
読取・消去 読取/約3分 消去/約2分~(消去中はPCにて画像処理可能)
パソコン(Windows) カメラ駆動及び計測制御
ソフトウエア 画像読出・表示編集ソフト  円筒→平面 画像変換ソフトウェア
電源 AC200V  単相15A  50/60Hz
装置寸法 幅700mmx奥行550mmx高さ500mm
循環式冷却水送水装置
(オプション)
【給水量】 5リットル/min
【給水温度】 15~25℃ ±2℃
【冷却能力】 3kW・/3.3kW  50/60Hz
【電源】 AC200V  単相15A  50/60Hz
【装置寸法】 幅500mmx奥行550mmx高さ700mm
届出 本装置の漏洩X線は電離放射線障害防止規則の定める管理区域設置が必要な規制値以内のため、装置外に管理区域は不要です。 本装置の使用には電離放射線障害防止規則、労働安全衛生規則に基づいて、装置設置の30日前までに所轄の労働基準監督署、人事院・人事委員会に届け出が必要です。
このカタログの記載内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
  topgo